ウエストパークタワー池袋の賃貸が話題になっている

礼金の支払いが不要

インテリア

ゼロとなっている理由

アパートやマンションなどの賃貸住宅では、入居時に敷金と礼金とを支払うことが一般的となっています。しかし中には、礼金ゼロという賃貸住宅もあります。敷金は、滞納した家賃の代わり、あるいは退去後のクリーニングなどに使われるお金ですが、礼金は基本的には貸主への挨拶金となっています。つまり敷金と異なり、使途が明確となっているお金ではないわけです。そのため貸主の中には、あえて請求しないという人もいるのです。礼金ゼロの賃貸住宅は、築年数が多めだったり、駅や商業施設などから離れていたりすることがほとんどです。つまり、築年数が少なく立地条件の良い賃貸住宅と比較すると、やや暮らしにくくなっているのです。その分借り手がつきにくいことがあるので、空室のままとなることを回避するために、貸主は礼金ゼロにしているわけです。そうすることで、入居時の費用負担の少なさから、借り手がつきやすくなるからです。したがって礼金ゼロの賃貸住宅は、築年数や立地条件などを特に気にしないという人にとっては、好都合と言えます。また、賃貸住宅では住まうことのできる期間があらかじめ決められていて、それを過ぎると退去もしくは契約を更新することが必要となります。後者の場合は更新料を請求されることが一般的ですが、この更新料は、礼金と似た意味合いを持っています。したがって礼金ゼロの賃貸住宅では、更新料もゼロとなっていることが多く、その点からも注目されています。